モノミオン ラボ

モノミオン ラボ

monomion Labo

自分はクリエイティブな人なのか、どうなのか・・頭が活性化する意味

 

クリエイティブになるとき

 

見方を変える、視点を変えるという感覚は、そのとき自分の中のクリエイティビティ(創造性)が動き出したりしますよね。

 

例えば、普段の風景を撮った写真を眺めていると、ふと今まで見ていなかったものに気がついたりしますね。

電線こんなに多かったのか!とか、こんな店あった?とか。

 

肉眼から写真へ。

 

見る角度を変える、ある視点を変える→

今まで見えなかったものが見えてくる→

新たな気づきがある→

クリエイティブに脳が働く。

 

クリエイティブなんて抽象的な言葉を多用しちゃってるけどここでは抽象的なことこそが重要よ。

ざっくりを堪能しましょう。

 

具体的なことを言っちゃうと視野が狭まってしまうからね。

クリエイティブという言葉の響きのなんだか良い雰囲気を味わうのです。

 

クリエイティブとは 

クリエイティブという言葉は英語です。

クリエイティブを日本語にすると「創造的な」になります。

創造とは、これまでに存在しなかった新しいものを生み出すという意味になります。 

創造的とは、新しいものを生み出す瞬間のエネルギーが発生する様子になります。

 

クリエイティブとはざっくり言って、新しいものを生み出す瞬間の様子ということになりますでしょうか。

 

ざっくりとしか言えないところに言語の限界を感じますね。

だから文学があるのでしょう。

 

自分はクリエイティブな人なのかそうではないのか

 

そういう風に考える人はどれだけいるのだろう。

でも、そうありたいと思う人は結構いるように感じるけどどうだろう。

 

だけどこの感じるという感覚も危ないよね。

もしかしたら誰もそのようなことは考えていないのかもしれないのに。

 

僕もそう思う! 私もそうよ!

 

と思ってくれたらありがたいけどそんなことは確かめようがないよね。

その人は嘘をついているのかもしれないしさ。

 

しかしまあとにかく共感というのは人を気持ちよくさせてしまうわね。

 

自分と同じ考えの人がいた!

自分の気持ちをわかってくれる人がいた!

 

というのは人間にとって重要な快楽の一つなのです。

 

クリエイティブなエネルギー

 

体を動かすためのエネルギーは食事からとるよ。

車を動かすためのエネルギーはガソリンからとるよ。

 

でも発想を豊かにするためのエネルギーってどこから来てるんだろうね。

心を前むきにするためのエネルギーってどこから来てるんだろう。

気分が良いときに感じる活力の元になるエネルギーもどこから来てるんだろう。

 

エネルギー保存の法則というものが一般的に定義されています。

エネルギーは、形は変えるがその総量は変化しないというもの。

でもこれは物理的現象に対するものですね。

 

心や発想に影響するエネルギーのようなものは、もともとどこにあり、どこへ消えて行くのかわからない。

 

もしかすると人へ人へと移っていくものなのか。

でも保存則は必ずしもあてはまらない。

 

共感しあって、喜び合うとお互いに心地良い。

保存則があるなら、一方が楽しくなれば、もう一方はどんよりとした気持ちになるはずだよね。

でも場合によってはそんな現象もあるかも^^; まあいいや

 

 

物理現象とは違う、もう1つ次元の高いエネルギーって感じだよね。

 

 

人の意識はその人とは別のところに存在すると言う人も多いけど、

確かにこのエネルギーの源ことを考えると、その説もあながちオカルト的ではない感じ。

 

人ってなんだか複雑だなー

でも。

 

人は本当に複雑なのだろうか?

 

人の複雑性を少し考え始めたけど多分、きっとわからないね。

少なくとも私にはわからない気がするよ。 

 

私が私の頭で、私がどのようなものなのかを理解することはできないような気がするな。

考えても考えても同じところをぐるぐる回るようで。

井の中の蛙的にね。

 

私でないものから私を見ないことには検討がつけられない。

でも私でないものの意識になったとき、それはもはや私でありますね。

結局無理なんだ。

 

でも、この発想がクリエイティブですね。 多分。

 

とにかく今はクリエイティブであれば良い。

そのおかげで気分が良ければそれでよし。

生きる上では、気分の良さが最も重要です。

 

青い空は気分を良くしてくれるよ。