モノミオン ラボ

モノミオン ラボ

monomion Labo

日本代表ってサッカー弱いよね? 松木安太郎はあり?なし?

 

いつもすごい盛り上がっている印象の日本代表サッカーの試合ですが、

 

日本代表って強いの?

 

私は前回のワールドカップ以来ほとんどサッカーの試合を見ていないのです。

なぜなら、

日本代表がすごいマイナーなチームに見えちゃったから。

その他のチームに比べてね。

もちろん日本では一番強い、、、ですよね?

 

漫画とかでよくある裏ナショナルチームみたいなアウトローなチームがあるとしたら負けたりするかも、なんて思いましたけど^^;

それほど弱く見えたってことですね。

 

FIFAランキング60位(2018/05/20現在)(((;゚Д゚))

OECD加盟国数、34ヶ国

34位以内に入ってないとやばくない?

なんとなく^^;

 

伊調 馨(いちょう かおり)オリンピック四連覇!!

なでしこジャパン、直近のワールドカップ優勝と準優勝!

 

 

それでも男子ナショナルサッカーは盛り上がる!

 

それでも日本代表の試合がある日は周りでもメディアでも盛り上がる、

なぜだろうと思いつつ気にせず放置していました、

この度、サッカー経験者の友人にそのことをふと訊ねてみて思うところがあったので少し書き込み。

 

 

まず、日本サッカーって弱いよね?って質問

 

(A氏)昔は弱かったけど今はそこそこだよ!

 

そこそこ?

 

軽く調べてみる。

過去にワールドカップベスト16ってのがある。

この時の方が強くない?

 

聞いてみる!

 

(A氏)それよりも昔の話、まだ日本代表がワールドカップに出ることができなかった時のこと。

(そこそこってのはこのベスト16のときのことも含んでいるの、かも)

 

なるほど、

ワールドカップに出場すらできなかった時と比べて今はワールドカップに出られているから良い、と言うことだろうか。

 

確かに、あの最大級のスポーツの祭典であるサッカーワールドカップに参加できるということは盛り上がりの一つの大きな要因と言うことか。

ベスト16って成績も残しているし。

 

サッカー自体盛り上がり性の高いスポーツですしね、

団体競技であり、球技でもありますから盛り上がる要素は詰まっている。

(スポーツにおいて団体の球技は盛り上がるイメージ!間違ってたらごめんなさい^^;)

 

 

でもなー、日本代表弱いんだよねー

 

ワールドカップ参加国数、32カ国。

日本代表 FIFAランキング 60位。

 

うーんといった感じですね〜

アジア特別枠感もありますねー

(韓国代表 FIFAランキング 61位)

 

まあ世界大会ですから、

アジアも含めないといけませんししょうがないか、

ヨーロッパにはヨーロッパ大会がありますからね。

 

次回ロシアワールドカップに出場できない強豪

イタリア代表(FIFAランキング 19位)
オランダ代表(FIFAランキング 17位)2018/06

 

なんて悲惨な自体。

 

 

そこでもう一人サッカー経験者の人に質問。

 

日本代表ってサッカー弱いよね?

 

(B氏)あー弱いねー(笑)

 

おお!

親近感がわく!

人ってそんなもん^^;

想いにバイアスがかかっていて、その方面の答えが出ると気持ちよくなる!

 

 

(私)ワールドカップベスト16って時もあったよね?

 

(B氏)あの時は上り調子だったよねー、そのまま強豪国になれるかもなんて思ったけどね。

 

(私)今は落ちてる?

(B氏)うん、、、(笑)

 

(私)何笑ってるの?笑

(B氏)あと100年は無理じゃない? 世界とまともに戦えるようになるのは!

 

あーそれが言いたかったのね。

でもそこまで、、(((;゚Д゚))

 

(私)そこまで日本代表はだめ?

(B氏)多分!

 

B氏的見解

日本サッカーと世界のサッカーでは思想が違っている気がする。

それは

「世界のプレイヤーが死に物狂いでかかってくるのに対して日本の選手はスマートに振る舞おうとしてる!」

とかいうものでなくて、

サッカーに対する感覚が全然違うように見える。

 

例えば、世界はサッカーをやってるのに対して日本はホッケーをやっているような感じ。

(確かに、私がブラジルワールドカップで感じた違和感はこれか?何か違うことをやっているように見えた違和感)

 

さらにB氏

日本が悪いと言うことではないと思う。

日本人的性質でどうしてもホッケーをやってしまうんだと思う。

なぜか知らないけど。

だからちゃんとサッカーになるまでにはあと100年はかかるんじゃないかと思ってるよ。

 

続けてB氏

ホッケーしかできないならホッケーで勝てる戦術なりを考えればそれでもある程度戦えると思うけど、

「他のスポーツではやるじゃん、緻密系戦略、いずれ外国にパクられはするけど」

 

外国人監督しか使わないことからもわかるように、一生懸命サッカーをやろうとしてるんだよね、

だからだんだんと本来のレベル(60位)に落ち着いて来てるんだと思うな。

でも100年後を視野に入れて今特訓してるとも考えられるから、それはそれで。

 

 

 

 

目から鱗的見解!

この意見が当たっているか間違っているかはわからないけど、すっきるする主張でしたね。

ブラジルワールドカップの時に感じた冷めていくような感覚。

「これ見る価値あるの?」

がやっと報われた気分です。

 

だっていつまでもみなさん盛り上がっているんですもの。

 

 

そこで、先ほども出ていた、

思想とスポーツとの関係を自分なりに考察

 

思想とスポーツ。

一見結びつきそうにない概念ですよね、

 

逆に

政治とスポーツ、

ゲームとスポーツ、

戦争とスポーツ、

などはわかりやすいですよね。

 

思想とスポーツ、とは。

 

B氏の言う思想の違いは、サッカー対ホッケーの構図ですよね。

イメージしてるものが違うことの例えでしょう。

 

 

ではまず思想とはなにか、

自分がどうありたいかを考えること、になりますかね。ざっくりと。

尊厳、アイデンティティ、など。

 

自分は金持ちでありたい。

自分は愛に溢れていたい。

自分は人のためになることをして生きていきたい。

自分は楽しければ満足だ。

自分はなんとなく快適であればそれでいい。

・・・

 

そして

サッカーに対しての思想。

(サッカーに対する自分の存在意義、でもいいですかね)

 

ヨーロッパ

例)コラボレーションによるエクスタシィ、ゴールによって感じるカタルシス

 

南米

例)対戦型スーパーエンタテインメントショー

 

アフリカ

例)民族ダンス

 

中東

例)儀式(日本における相撲)

 

ジャマイカ

例)レゲエ(笑)

 

※ 全てイメージです^^;

 

そして

日本

例)スポーツ!スポーツマンシップ

 

日本が取り入れるべきはやっぱり「禅」ですかね。

でも無理か。

 

この前テレビのゴールデンタイムのバラエティ番組で、

何人かのお坊さんが面白おかしく仏教のことを紹介し笑いを取っているのを見て、

日本には宗教心が本当になくなってしまったんだなーと悲しくなりましたね。

俗物性が強すぎるんです。

 

 

ちなみに!

松木安太郎さんはありですよ!

よく、

うるさい!とか

ちゃんと実況やれ!とか

応援団長かよ!

とか耳にしますが、

我々素人からするとあれがわかりやすくて盛り上がるしいいんですよ。

 

サッカー通は松木安太郎を批判しがち、

サッカー素人は松木安太郎が良くてもなにも言えない。
(素人なのでよくわからないしでしゃばれないですよね)

そのような構図を感じます。

 

 

でもでも、

一人の天才が日本サッカーをガラリと変える!

みたいなことがあっても楽しそうですけどね。

100m 10秒の壁も破られたことですし。

あるいは一人の天才指導者が素晴らしい戦略を発明するなど。

 

その辺りは期待しつつ、今日は終わります(^-^)